javascript

【Mac】node.jsインストール方法

はじめに

Macのnode.jsのインストール方法まとめました。
今回、node.jsのインストールにあたり、使用するnode.jsのバージョンを切替えられるよう「nodebrew」を用いてインストールする方法を解説します。

nodebrewのインストール

1. node.jsがすでにインストールされているか確認

デフォルトでnode.jsがインストールされている場合もありますので、まずnode.jsがインストールされているか確認します。
ターミナルより以下のコマンドを実行。

バージョン情報が表示される場合は、node.jsがすでにインストールされているためnode.jsのアンイストールが必要となります。
以降の手順ではnode.jsがインストールされていない前提で解説していきます。

2. Homebrewのインストール

homebrewとは、macOS用のパッケージマネージャーです。

以下のサイトへアクセスし、インストール用のスクリプトをコピーし、ターミナルへ貼り付け、実行してください。

Homebrew公式サイト

スクリーンショット 2018-10-06 16.53.00.png

「Installation successful!」とコマンドラインに出力されたら成功です。

3. nodebrewのインストール

次に、nodebrewをインストールします。
ターミナルより以下のコマンドを実行。

4. nodebrewのPATH変数を設定

nodebrewのインストールが完了したら、nodebrewコマンドをターミナルで使用できるようにするために、「.bash_profile」へPATH変数を設定します。

5. nodebrewのPATH変数の読込み

PATH変数を設定しただけだとnodebrewコマンドを認識できないため、「.bash_profile」を以下のコマンドを実行し、読込みます。

6. nodebrewのバージョン確認

以下のコマンドを実行し、バージョン番号が表示されればOKです。

node.jsのインストール

1. node.jsのインストール

nodebrewを利用して、node.jsをインストールします。

2. インストールされたnode.jsのバージョン確認

以下のコマンドを実行すると、インストール済みのnode.jsのバージョンの一覧が表示されます。
また、currentのところに使用中のバージョンが表示されます。

3. バージョン番号を指定する場合

バージョン番号を指定する場合は、以下のコマンドを実行し、インストール可能なバージョン番号を確認してください。

そして、以下のコマンドでバージョン番号を指定してインストールしてください。

4. インストールしたnode.jsのバージョンを有効にする

以下のコマンドを実行し、使用するバージョンをuseコマンドで有効化します。

指定のバージョンが有効になったことを確認するために、以下のコマンドを実行してください。

指定したバージョンになっていれば、
node.jsのインストールは完了です。