フリーランス基礎知識

フリーランスエンジニアの2つの働き方を知る

はじめに

フリーランスエンジニアと言っても、働き方は契約によって異なっていて、大きく分けて2つあります。
今回はその2つの働き方を知っていただき、フリーランスとして働くイメージを膨らませていただければと思います。

フリーランスエンジニアとは

まず、フリーランスエンジニアとは企業に雇用されず、個人事業主として案件を業務委託契約で請けている働き方を一般にフリーランスといいます。

契約の種類

フリーエンジニアとして働く人は、企業や個人などと契約を結んで仕事をすることになりますが、その契約は大きく2つに分けられます。

① 準委任契約

準委任契約とは成果物責任を伴わない役務提供型の契約となり、稼働時間によって報酬が決まります。

また、基本的にお客様先に常駐して仕事することになります。
月の稼働時間が140時間から180時間で月単価65万円というような契約となり、月稼働時間が契約に満たない場合は報酬が下がりますし、契約を越えると報酬が上がる仕組みとなっております。

決められた時間は、契約先のクライアントに対して、時間とスキルを提供しなければなりませんが、それだけで報酬がもらえます。

② 一括請負契約

一括請負契約とは、成果物責任を伴う契約になります。

お客様先に常駐する働き方もありますが、リモートによる在宅での仕事も可能な契約が多いです。

例えば、デザイナーでバナーなどの画像を作成する場合、5,000円/枚と契約した場合は納品物が5枚あり、合計で25,000円となります。

この場合は、契約で決められた画像を、その枚数作成に納品することが責任となります。

こちらは納品できなければお金は支払われません。

そんな準委任契約と一括請負契約ですが、その他の特徴も含め、おさらいとして表にしてまとめてみました。

比較内容 準委任契約 一括請負契約
成果物責任 なし あり
単価 高い 安い
働き方 客先常駐が多い リモートでの仕事が可能
営業 エージェントがやってくれる 自分でサイトで探す必要あり

どちらの契約がよいのか?

どちらの契約形態を選ぶべきか初めてフリーランスになる方は、準委任契約をおすすめします。

準委任契約は成果物作成に責任はないため、ハードルが低いです。

極論を言うと、初めてフリーランスやったけど、「全然成果物作成できませんでしたー涙”」ってなっても全力で謝れば済んで、働いた分、お金はもらえるのがこの契約の特徴です。

ただ、準委任契約は自分の労働に対して対価を得るというより、自分の時間を売って対価を得るという感じなので、時間的な自由や仕事する場所の自由は得られません。なので、時間的な自由、仕事する場所の自由を得たい方は最終的には一括請負を目指しましょう!

一括請負であれば、一ヶ月生活に必要なお金を1週間で稼いであとは自由に過ごすという働き方もできますし、子供の面倒みながら空いた時間で仕事することも可能です。

まとめ

フリーエンジニアには準委任契約と一括請負の2つの契約があり、2つの契約で大きく働き方が異なる。
最初は準委任契約、最終的には一括請負を目指しましょう。

次回はフリーランスエンジニアになるにあたって、自分の専門分野を決める必要があるのですが、どういう分野があるのか、どのように自分の専門分野を選んでいけばよいのかを解説します。

自分の専門分野を決めるはじめに フリーランスエンジニアと言っても業務の幅はかなり広く、すべての分野をマスターすることはほとんど不可能に近いです。 フリ...