フリーランス体験記

Java未経験から業務で使えるレベルになるまでにやったこと

はじめに

エンジニア目指してる友達に「Java業務で使えるレベルになるために何したー?」って聞かれたので、自分がJava学習する際、どういう順序・教材で勉強したのかまとめました。
Javaエンジニア目指している人の参考になれば嬉しいです。

やったこと①:ProgateのJavaコース

当時Java初心者・オススメWEB教材とか検索してProgateと初めて出会い、分かりやすさに感動した記憶があります。
道場コースは時間に余裕がある人だけやればいいと思います。
ちなみにボクはやってないです><

やったこと②:ドットインストールのJava入門コース

Progateで学んだ知識を定着させる目的で通勤時間に動画流してました。
動画は見るだけで特に手は動かしてないです。

やったこと③:わかりやすいJavaシリーズ

以下の2つの書籍をやりました。

まず、新わかりやすいJava入門編ですが、Progateやドットインストールで学んだこととかぶる部分は省いてOKです。
Progateやドットインストールで学べなかったことを補う感じで使用しましょう。

次に、新わかりやすいJava オブジェクト指向徹底解説ですが、こちらはすべての章やりました。
Javaを勉強していて、もやもやしていたプリミティブ型と参照型の違いやクラスの仕組み、staticと非staticの違い等々、オブジェクト指向について疑問に思っていたなぜ?が解消される書籍でした。
おかげでオブジェクト指向について理解を深めることができ、エラー起きた場合の原因解析などに活かせる応用力もここで身についた気がします。

ただ、この書籍でボクは基本的に例題を写経しながら読んだだけで練習問題とかはやってません。
とりあえず理解すること・やりきることを目的としてやりました。
でないと量が多くて挫折しそうだったので、、、

やったこと④:基礎からのサーブレット/JSP

基礎からのサーブレット/JSP 新版 (プログラマの種シリーズ) 松浦 健一郎

おそらくエンジニアだとWebアプリケーションの開発に携わることが多いと思うのですが、この書籍をやることでJavaにおけるWebアプリケーション構築の基礎知識が身につきました。

HTTPリクエストやレスポンス、Javaとデータベース連携、そしてWebアプリケーションを構築する際に最も基本的なモデルであるMVCモデルがハンズオン形式で学べます。

SpringBootやStrutsいじる前にここで基本的なMVCモデルの考え方学習しておかないと結構きついです。

まとめ

上記4つ紹介しましたが、自分に合う教材、合わない教材等あると思いますし、新しい優良な書籍は次々と出ていると思うので、実際に本屋にいって確かめてみてくださいね。

とはいえボク自身は上記4つをやって業務に特攻しました。
もちろん最初は苦戦したのですが、上記4つをやったことでググればなんとかなるレベルにはなりました。
あとは業務で実践あるのみです!