スキルアップ

【2020年最新版】Docker入門おすすめ本や教材、勉強法まとめ【無料あり】

はじめに

最近話題のDockerについて勉強したいけど、おすすめの本や教材はあるの?

今回はこんな悩みに答えていきます。

本記事の内容

■ Docker入門おすすめ本や教材、勉強法の公開

近年モダンな開発現場ではDockerを導入している企業が多いです。

ボクが参画している現場でもDockerを導入することになり、Dockerを習得するのは急務でした。

Docker未経験から勉強を始めたのですが、様々な書籍や教材の中でももっとも分かりやすく、実務で役立った本や教材をご紹介します。

Docker入門おすすめ本や教材、勉強法

【ドットインストール】Docker入門(無料)

ドットインストール

お馴染みのプログラミング入門サイト。

「Dockerとはなにか」から初心者向けにわかりやすく解説されてます。

現時点(2020/6時点)ではすべて無料で受講可能。

Docker初心者はまずこちらでDocker全体の概要を把握することをおすすめします。

現時点(2020/6時点)ではすべて無料で公開されており、全11回なので通勤時間に受講可能です。

ここではあくまでもDockerの全体像を掴むだけなので、ハンズオン形式で学習しなくてOKです。

動画をみて、理解することに徹しましょう。

>>講座詳細ページはこちら

【Webサイト】入門Docker(無料)

Docker入門Webサイト

非常にわかりやすいと評判のよい無料のWebサイト。

図解化されていてとにかくわかりやすい。

Dockerの基本的な部分でわからない場合に使用すべし。

Docker界隈で非常に評判のよい無料のWebサイト。

ドットインストールや今後Dockerの学習で基本的なことを確認したい場合は、こちらのサイトを辞書的に使用するのがおすすめです。

>>詳細ページはこちら

【Udemy】ゼロからはじめる Dockerによるアプリケーション実行環境構築

Udemy Docker入門

UdemyのDocker入門講座はこれ一択。

基本的なDockerの内容はもちろんRuby on RailsやDjangoといったWebアプリケーションフレームワークを使用した環境構築方法など実践的な内容もハンズオン形式で学習可能。

UdemyのDocker入門講座の中だと、本講座が一番分かりやすく、実践的で幅広く網羅されてました。

内容の一部をご紹介すると、以下のようなことが動画で学ぶことが可能。

■ Dockerの基礎知識

■ Dockerの環境構築(Windows・Mac両方対応)

■ Dockerコンテナの作成・使用方法

■ Gitと連携した自動ビルド

■ Docker Machineの使用方法

■ AWS上にDockerコンテナを作成する方法

■ Webアプリケーションフレームワーク(Ruby on RailsやDjango)を使用した環境構築方法

本教材から実際に手を動かして、学習することをおすすめします。

>>講座詳細ページはこちら

【書籍】Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

実務でDocker環境を構築するなら必須。

Dockerを本番環境までデプロイして活用していくノウハウが詰め込まれてます。

こちらの書籍はすべてやる必要はないのですが、第3章の「実用的なコンテナの構築とデプロイ」は目を通しておいたほうがよいです。

この書籍では正しいDockerの活用方法を学ぶことができ、最敵な設計ができるようになります。

【書籍】Dockerを基本から学ぶ: Dockerの基本を手を動かしながら学びAWS ECSでサービスを構築する(Kindle Unlimited対象)

AWSでDocker環境構築するなら必須。

AWS ECSを利用したDocker環境構築方法がハンズオン形式で学べます。

こちらの書籍もすべてやる必要はないのですが、第8章の「AWS ECSを使用したオーケストレーション」は手を動かして実際にやってみたほうがよいです。

というのも業務でDockerを使用する場合は、ECSを利用するケースが多いからです。

また、こちらはKindle Unlimitedの対象でもあるので、無料体験登録して30日以内に解約すれば無料で読むことが可能。

>>無料登録はこちら

【書籍】Docker実践ガイド

Docker中級者向け。

Dockerのほぼすべてがこの本に凝縮されてます。

Docker入門者向けではないのですが、こちらの書籍はDocker環境を構築するにあたって辞書的に使用していました。

ググってもヒットしないような内容まで網羅されているため、辞書的に活用するのがおすすめです。

まとめ

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

フリーランスエンジニア転職完全ロードマップ

知り合いから
「フリーランスエンジニアになれば、年収800万円以上の高報酬でかつ、自由な働き方をチョイスできる」
というのを聞いて、フリーランスエンジニアに興味を持ったのですが、
当時SIer企業でエンジニアをやっていたボクはなかなか一歩踏みだせませんでした。

というもの以下のような不安があったからです。

■フリーランスエンジニアってかなりの技術力がないとなれないのではないのか?

■フリーランスエンジニアって不安定なのではないのか?

■フリーランスエンジニアって人脈やコネ、営業力が必要なのではないのか?

しかし、実際にフリーランスエンジニアになってみて気づきました。

これらはすべて間違いです。

過去のボクのようにフリーランスエンジニアに興味あるけど一歩踏み出せないという方向けに
『フリーランスエンジニア転職完全ロードマップ』
という記事を書きました。

この記事読めば、どうすればフリーランスになれるのかが分かりますので、ぜひ一読ください。