スキルアップ

【最新版】JavaScript(ES6)が学べるおすすめサイト・書籍まとめ【無料あり】

はじめに

JavaScript(ES6)について独学で勉強したいけど、どのサイトや書籍がおすすめかわからない

今回はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

■ JavaScript(ES6)が学べるおすすめサイト・書籍まとめ

JavaScriptには大きくわけてES5(旧JavaScript)とES6(新JavaScript)の2つの記法があるのですが、実際の業務ではES6でコーディングされていることがほとんどです。

ただ、一般的なJavaScript教材はES5を扱っているものが多いので、今回はES6を扱っている教材に絞って解説します。

【一部無料】Progate:JavaScript(ES6)コース

progate
料金 ¥980(税別) / 月(レッスン1まで無料)

お馴染みのプログラミング入門サイト。

ES6で頻繁に使用するメインの記法が初心者向けにわかりやすく解説されてます。

1ヶ月以内に無料会員に移行すれば、値段も技術書よりも安くコスパ◎

【一部無料】JS-Pro

JS-Pro
料金 ¥980(税込) / 月(レッスン5まで無料)

意外と知られていないJSに特化した優良な入門サイト。

ProgateよりもES6について扱っている範囲がこちらのほうが多い。

VueJsの講座も充実しているので将来的にVueを触ってみたい方はこちらがおすすめ。

1ヶ月以内に無料会員に移行すれば、値段も技術書よりも安くコスパ◎

こちらのサイトは意外と知られていないのですが、以下の画像のように環境構築せずにブラウザ上でハンズオン形式で学ぶことができます。

イメージとしては、ProgateのJS特化版。

また、最近流行りのVueJsも扱っており、Vueの基礎文法だけでなく、VuexやVue Routerについても学べます。

JS-Proサンプル1 JS-Proサンプル2

Udemy:ECMAScript(ES6)基礎講座

ES6についてほぼすべての記法が解説されている。

業務でJavaScriptを使用するなら必須。

動画だからスキマ時間に学べる。

UdemyのJavaScript関連のコースは基本的な内容を扱っているものが多く、ProgateやJS-Proと内容が重複することがあり、物足りなさを感じることも。

しかし、そんな中、ECMAScript(ES6)基礎講座はそんな物足りなさを吹き飛ばしてくれました。

中級者向けのコースということもあり、より実践的で業務でよく使用する記法について触れられております。

また、ドットインストールのような感じでひとつひとつの講座が短く、ボクは通勤時間に学習してました。

これをやれば実業務で「他者のコードをみて、こんなJavaScriptの書き方みたことない。。わけわかんない。。。」という状況に陥ることはなくなります。

書籍:JavaScript本格入門

フロントエンドエンジニアなら8割方持っている良書。

これまで学んだことを深掘りしたり・辞書的に使用するのがおすすめ。

こちらはJavaScriptの本質的なところから解説されており、ES6の記法を学ぶというより、ES6を利用したJavaScript開発手法が学べる書籍となっております。

これまで学んだことの総仕上げとして最適です。

また、現場でよくみかけるオブジェクト指向プログラミングや単体テスト手法・保守性の高いコードの書き方についても触れられており、手元に置いておきたい一冊です。

まとめ

JavaScript(ES6)が学べるおすすめサイト・書籍まとめ

Progate:JavaScript(ES6)コース

JS-Pro

Udemy:ECMAScript(ES6)基礎講座

JavaScript本格入門

これらの教材を使用しても業務でやっていける自信がないという方は、以下の記事で紹介しているスクールに通うのを検討してみてもいいかもしれません。

【2020年最新版】おすすめJavaScriptスクール【未経験からフロントエンドエンジニアへ】未経験からフロントエンドエンジニアになりたいけど、独学で限界を感じている方に向け、客観的審査基準から厳選したおすすめのJavaScriptスクールを公開。実践的でモダンなフロントエンド技術が学べるスクールのみご紹介しております。...

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました。

フリーランスエンジニア転職完全ロードマップ

知り合いから
「フリーランスエンジニアになれば、年収800万円以上の高報酬でかつ、自由な働き方をチョイスできる」
というのを聞いて、フリーランスエンジニアに興味を持ったのですが、
当時SIer企業でエンジニアをやっていたボクはなかなか一歩踏みだせませんでした。

というもの以下のような不安があったからです。

■フリーランスエンジニアってかなりの技術力がないとなれないのではないのか?

■フリーランスエンジニアって不安定なのではないのか?

■フリーランスエンジニアって人脈やコネ、営業力が必要なのではないのか?

しかし、実際にフリーランスエンジニアになってみて気づきました。

これらはすべて間違いです。

過去のボクのようにフリーランスエンジニアに興味あるけど一歩踏み出せないという方向けに
『フリーランスエンジニア転職完全ロードマップ』
という記事を書きました。

この記事読めば、どうすればフリーランスになれるのかが分かりますので、ぜひ一読ください。